« 入院してました。 | トップページ | アウェーを攻略する(1)(今更ながらフクアリ) »

2006年4月13日 (木)

素晴らしかった小澤!

昨日の川崎戦での小澤のプレーは素晴らしいの一言に尽きますね!

曽ヶ端がそうであるように、スーパーセーブの連発で相手の得点を何度も奪っていましたね。

得点を取ることのほとんど無いGKは、いくら勝利に貢献したとしてもフィールドプレーヤーに比べて低い評価になりがちです。そんな評価のGKがマン・オブ・ザ・マッチに選ばれるということは、昨日のプレーは他の選手よりも相当抜きん出ていたということです。

誰もが仕方ないと諦めかけていたPKを片手ではじき飛ばし、相手の起死回生の素晴らしいシュートを僅かに指先で触れてコースを変えポストで跳ね返す!

相手に「ツキがない。」と言わせてしまうということは、入って当然のボール、シュートであるのにそれをゴールさせなかったということです。

そう昨日の川崎の得点チャンスでは「ツキがなかった。」のではなく、明らかに小澤のスーパーセーブに得点を妨げられていたのであります。

小澤のプレーが鹿島と川崎の実力差としてハッキリ現れ、その結果、『勝利』することができたのだと思います。

無論、その他のフィールドプレーヤーも連戦の疲れに耐えながら素晴らしいパフォーマンスで戦い、得点を奪って勝利に貢献したことは言うまでもありませんが、やはり昨日の一戦については小澤がもたらした勝利だといってあげたいです。

また、テレビで見ていたからなのでしょうか、昨日は特に選手達が苦しそうだったのがよくわかりました。スタジアムで遠目から見ていたのでは、また選手と共に戦っているのでそこまでは思わなかったかもしれません。

家で椅子に座って観戦していたから、特に選手達が苦しそうに見えたのかもしれません。

だから昨日の勝利については、いつもよりも賞賛したい気持ちで一杯です。

小笠原のインタビューも前回と同じようなコメントかと思いきや、それなりに気持ちやメッセージを込めたコメントであったように感じました。

次の清水戦には彼の思いに答えれるよう、病気を完治させて参戦しなくてはなりませんね!(現在は順調に回復しており、あと少しで全て瘡蓋(かさぶた)になりそうです。)

それと昨日のゴール裏はとってもGOOD!でしたよ。声も普段と変わらず、勢いというか気持ちが入った声でしたね。(BGMじゃなかったです。)ガラガラのゴール裏なのにテレビで見ると(聞くと)そんなことは全く感じさせないものでした。

キッズパスを持った小学生は多かったのですか?ゴール裏は満席でしたか?

そんなことは全然関係ない素晴らしい応援だったではありませんか。

やっぱりゴール裏に大切なのは『アントラーズを思う強い気持ち』『密集すること、固まること』ですね!強い気持ちを持ったサポがいくらいても、それが点在してしまうようなポジショニングでは良いパフォーマンスにはならないということではないでしょうか?

ゴール裏のN(熱狂)エリアへは「熱く、熱く、熱く!固まれ、固まれ、もっと固まれ!」ということですね。

|

« 入院してました。 | トップページ | アウェーを攻略する(1)(今更ながらフクアリ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/9567710

この記事へのトラックバック一覧です: 素晴らしかった小澤!:

« 入院してました。 | トップページ | アウェーを攻略する(1)(今更ながらフクアリ) »