« さっきクラブハウスで | トップページ | ホームでは決して負けさせない! »

2006年4月15日 (土)

清水戦(ホームタウンデイズ潮来の日)

本日はJリーグ第8節清水エスパルス戦が行われます。

カシマサッカースタジアムでは、ホームタウンデイズ「潮来の日」ということでイベントが実施され、「道の駅いたこ 特産品販売」「あやめ祭り観光PR]など内容は盛りだくさんとなっています。

「道の駅いたこ」は本山選手もお勧めのスポットで、それこそ特産品の充実度は凄いですよ。是非試合を見に来て帰りには「道の駅いたこ」に立ち寄ってみてはいかがですか?

さらに今日は「ホームゲーム開催日発売のスペシャルグッズ」ということで選手の写真の入ったペナントが発売されます。この開催日発売はレア商品となるものが多く、12日の川崎戦に発売された「ユニフォームクッション」はクラブハウスで購入しようと思っても既にありませんでしたよ!

さあ、クラブはスタジアム管理者となって様々な取り組みを始めています。『キッズパスえを初めとするキッズプログラムの開始』、『ゲートのネーミングライツ』、『茨城大との提携によるスタジアムのゴミ削減』、県というか鹿嶋市なのでしょうか『東京駅からのスタジアム直行バスの運行』といったように、彼らは少しずつ、一つずつ着実にアクションを起こしています。

ホームタウンとクラブが動いているのですから、今度は我々サポーターが具体的な行動を起こさなくてはなりませんね!

我々にできることは何か?

まずはスタジアムに足を運ぶこと!

そして、クラブが働きかけて来場を促した小学生(親子)を真っ赤な気持ちを持ったサポーターへと養成すること!

東京から直行バスに乗ってきたアントラーズファンをアントラーズサポーターに変えること!

そのためには、スタジアム周辺での入場を待っている小学生の親子連れ、または、直行バスから降りてくる人々に『アントラーズのゴール裏』を紹介するチラシを配布するといったような取り組みはどうでしょう?

そのチラシにはNエリアの事を書いたり、ゴール裏は立って狂ったように叫び続けるといった応援のルールや試合中は食事などしていないで応援するといったような観戦マナーコールの仕方(声の出し方)、紙吹雪について(「このチラシを読み終わったら四つに破いて紙吹雪として撒いてください。」とか書いておく。)等々、色々なことを伝えることができますね。

昨年は「MAX VOLUMEⅡ」の歌詞カードを有志で配布して、遂に柏レイソルとの最終戦には歌詞カードを見ないでもあれだけの大きな歌声をスタジアムに響き渡らせることができた我々の行動力を持ってすれば、上記のような取り組みによる効果は期待できるのではないでしょうか?

目に見える効果が得られるかどうかは分かりませんが、何もしないことはクラブやホームタウンの取り組みに対して・・・・、やらにゃいかんでしょ!

小笠原のプレーに答えることができるようなスタジアムの盛り上がりを、我々サポーターが作りだす番ですよ!

という訳で、病み上がりですが本日の清水戦、参戦します!

|

« さっきクラブハウスで | トップページ | ホームでは決して負けさせない! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/9600523

この記事へのトラックバック一覧です: 清水戦(ホームタウンデイズ潮来の日):

« さっきクラブハウスで | トップページ | ホームでは決して負けさせない! »