« 非常にお疲れです。 | トップページ | ピンポンダッシュ »

2006年3月27日 (月)

チームドクター

柳沢の怪我で感じたことなのですが、チームドクターの存在ってとっても重要なんですね。

アントラーズには関チームドクターという方がいらっしゃって、選手の怪我等を全面的に診ていただいているのでしょう。

いつも試合中に選手が倒れこんだりすると、ベンチから二人のスタッフがコートのライン際を全力で走って行く姿を目にします。その度に彼らの姿を見て「決して若くないのに大変だな。足がもつれたり、心臓バクバクしたりしないのかな~。自分自身が肉離れしなけりゃいいが・・・。」などと勝手に心配していました。

それとは別に、選手の治療や診察ということでいつも気になっていることがあります。

それは、「都内の病院で診察した結果~」とか、今回のように「さいたま市内の病院で~」といったように、地元の鹿嶋市内や茨城県内の病院で精密検査がなされていないということです。

まあ普通は、我々でも大きな怪我や病気をした時は、「都内の大学病院」とか「その道の権威」と呼ばれる医師を頼るのが常ですが、アントラーズのような日本を代表するプロスポーツチームであるならば、どんな症状でもすぐに診てもらえる信頼性の高い病院や医師が『地元にある』のが理想なのではないかと考えます。

だから、地元がアントラーズを支えるという立場なのであれば、そのような施設や医師の招聘に力を注ぐのも、数多くある地域の取り組みの一つとして非常に価値があるのではないでしょうか

「俺達の地元にはアントラーズがあり、その選手達が怪我や病気をした時は、それら全てを診察・治療できる最先端の医療施設や技術が、ここ鹿嶋市には整っている。」なんて言えることが出来ればかっこいいじゃないですか?

あくまで理想ですよ!でも、このような夢や目標があってもいいんじゃないですか?

関チームドクターでは物足りないといっているのではありません。多分、“さいたま市内の病院”というのは関チームドクターの病院なのかもしれませんし、同医師の技術力には全面的に信頼しています。(サポーターとして、我がチームのドクターには絶対的な信頼を置いています!これからもよろしくお願いします。)

だから関ドクター、鹿嶋市内に病院を開いちゃってください!そして鹿嶋市は医療面の予算を大幅にUPしちゃってください。

これからも、街ぐるみ”でアントラーズをサポートしていきましょう!

怪我した選手達をどんどん治しちゃいましょう!

|

« 非常にお疲れです。 | トップページ | ピンポンダッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/9279058

この記事へのトラックバック一覧です: チームドクター:

« 非常にお疲れです。 | トップページ | ピンポンダッシュ »