« 鹿島といえばモンブラン | トップページ | 久保よりも・・・ »

2006年3月 8日 (水)

チケット売れ行き好調!

今朝のスポーツ新聞(スポニチ、サンスポ)で今週の横浜戦のチケット販売状況が好調だという記事がありました。これも“ヤナギ効果”という紹介でしたが、現実に前売り枚数が22,000枚を越えた模様です。

昨年の現時点の状況を覚えていないので単純な比較はできませんが、スタジアムの1ゲートや6ゲートに敷かれているシートの状況をみると、昨年の浦和戦の時よりもハイペースでその列は伸びているようでした。(今朝の時点で)

カシマスタジアムでの横浜戦は確かに浦和戦と双璧の人気カードであって、シーズンを通しても1,2番目に観客が入る試合です。それに加え、今回は鹿サポ達が待ちに待った開幕戦で、人気者の柳沢が帰ってくる。しかも、彼は広島戦で派手なパフォーマンスをしての凱旋となるので、否が応でもファンの期待は高まりスタジアムに足を運ぶ人が増えるというもの。

自由席で観戦を予定している人は、少しでも早くスタジアムに到着して待ち列に並ぶ方がよいかも知れません。「どのくらい早く?」かというと希望する観戦位置にもよりますので、一概に「何時までに」とは言えません。

ゴール裏で熱く応援する人なら一分一秒でも早く、「どこでも良い」という人なら試合開始までに、当日は雨の予報が出ているので「雨に当らないところ」となるとそのような席は早めに埋まってしまうので、“1階席ならとにかく早く、2階席なら開門時間位には”・・・ってとこでしょうか。

通常、ゴール裏自由席の待ち列は開門時間30分くらい前にスタジアム係員から「シートを剥がすように。」と指示があり、その後は開門まで立ち並んで待つようになるのですが、この時に前の人との間隔は当然ですが詰まることとなるので、列自体は前から順番に前進していく(詰まっていく)現象がおきます。

しかし昨年、これに該当しなかった試合がありました。浦和戦です!人気カードであるが故に、毎回参戦するサポーター以外にこの試合だけを見に来る『薄いサポーター』が急増し、開門ギリギリにその待ち列に入ってくるそれら「お連れさん達」が列前方のボリュームを一気にアップさせてしまいます。その結果、待ち列はシートを剥がしても前進することなく後退してしまうこととなります。

したがって、当日の朝にスタジアムに来て「なんだこれくらいの列ならば余裕で希望する席を確保できそうじゃない。」なんて思っていても、蓋を開けてみれば“既に1階は満席!”なんてことも現実にありました。

チームの人気が上がることはサポーターにとっては嬉しいことである反面、このように観戦面においては席確保が困難になるという一面もあります。

でも、ゴール裏のサポーターにとって、席なんて『荷物置き場』にしかすぎません。

試合が始まってしまえば、コールリーダーに向かってどんどん集まって(固まって)行くことになりますから!

席が無い人でもゴール裏中央の『熱狂エリア』を目指して集まり、皆のパワーを集結させて応援しましょう!

そう考えれば、試合開始までに来場すれば全然OKです!

あっ、すみません。ゴール裏ミーティングが試合前にありますので、それまでにはスタジアムに来て“意思統一”を図りましょう!

|

« 鹿島といえばモンブラン | トップページ | 久保よりも・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/8997341

この記事へのトラックバック一覧です: チケット売れ行き好調!:

« 鹿島といえばモンブラン | トップページ | 久保よりも・・・ »