« ブログ復旧。 | トップページ | マリノス戦の検証 »

2006年3月12日 (日)

完全な敗北の中から

昨日の完敗には不思議と悔しさがありませんでした。多分、完璧にやられすぎたということでしょう。惜しいチャンスでもあれば、接戦の結果であれば悔しさも生まれたかとは思いますが。

チケット売れ行き好調な割には、22,000人しか入らなくて残念でした。2階席はかなり空席が目立ちましたね。それでも、この日から開通した、帰りの東京駅直行便バスは盛況のようでした。

ところで、TORCIDAを初めとする様々な掲示板では選手やチームへの批判というか、『ののしり』ばかりが目立ちます。これは読んでいてもとっても不愉快です。自分も同様に「もっと、しっかりしろよ!」と心の中では思っていても、これらの書き込みをみると情けなくなります。

開幕してまだ2戦目が終わったばかりなのに、「選手を入れ替えろ。」だとか、「こんなことで優勝なんておこがましい。」とか・・・。じゃあ、「そんな人はファンをやめてくれて結構です。」と言いたい。

『サポーター』というのは、チームや選手が苦しい時にこそ応援して初めてサポーターといえるのではないか?12番目の選手である自覚があれば、チームメイトに「くそ、ばか、死ね、やめてしまえ」なんて暴言は絶対に吐けるものではありません。そんなことを言う奴の方が、チームの和を乱す原因になってしまうなんてことは誰にでも分かることです。

負けてしまった今は選手もサポも皆不安になり、自身もなくしてしまいます。こんな時こそ、皆で今まで以上に一丸となって次の試合に準備しなくてはなりません。

ファンはいつでもやめることができる。しかも傷つくことから逃れるために。文句ばかり言っている人々は鹿島アントラーズには邪魔者以外の何者でもない!さっさと消えてくれ!

選手や監督、スタッフは決して逃げることはしない。逃げれば傷ついてしまう。だから次もその次も戦わなくてははならない。そう、不安な仲間を励ましながら、そして自分達の力を信じて!

それは12番目の選手も同じ!

『フィールドの戦士達よ、鹿島の神を呼び起こせ!
我らの誇りよ、自信と勇気を持って
アントラーズが大好きで、どんなことでもできる
座ってなんかいられない、叫ばずにはいられない!』

|

« ブログ復旧。 | トップページ | マリノス戦の検証 »

コメント

そうですね!12でした!胸が痛いですね!俺達も早く立ち直り前へ向かいましょう!

投稿: 小鹿 | 2006年3月12日 (日) 20時31分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/9056156

この記事へのトラックバック一覧です: 完全な敗北の中から:

« ブログ復旧。 | トップページ | マリノス戦の検証 »