« 鹿島神宮「節分祭」 | トップページ | 新ユニフォーム! »

2006年2月 5日 (日)

アウトゥオリ方式

今日はクラブハウスへ練習を見学に行ってきました。

9時から開始ということでしたが、ピッタリ時間通りに練習が始まりました。

最初はアウトゥオリ監督がウォーミングアップを指導していました。

IMG_0593 まず、ランニングの時からボールを使ってドリブルをさせていることに驚きました。

IMG_0596  IMG_0597 IMG_0599

体操の時もボールを離すことは無く、ボールをうまく使いながら体をほぐしていきました。手で高くボールを投げ反転してリフティングをするなど、ボールが体や足に少しでも馴染むようにという意図なのでしょうか。

IMG_0602 続いて、ジルヴァンコーチがサーキットトレーニングを開始することになりました。それはかなり複雑なトレーニングで、グランド一面にセフティーコーンやゴールを置いて、それらを順番に使いながら走りこむというものでした。

最初の1周は選手全員で一緒に「やり方」を覚えるためにゆっくりと走っていましたが、再びスタート地点に戻ってくると今度は4人ずつでコートの外周をランニングし始めました。

かなり間隔をあけてランニングさせているので、「どういう意味があるのだろう」と思っていたら、その後に続くサーキットトレーニングで前の選手との間隔が詰まらないように配慮されていたのでした。

そのお陰で選手達は休む間もなく走り続けることに・・・。

IMG_0611  まず、ジグザクドリブルからライン際で縦へのパス、そのボールを自分で曲線を描きながらダッシュで取りに行く。

IMG_0607 続いて、ボールをコーンに掛けたバーの下を通しながら、自分はバーの上をジャンプして通過する。これを3回連続で行い、すぐに目一杯のドリブルダッシュ。

IMG_0609 次に、最初よりも角度のきついジグザクドリブル、そしてゴールポストの上をフワッとボールを浮かして、その間に自分はゴールサイドをダッシュしてその浮き玉を取りに行く。

さらに、リフティングしながら前進し、ドリブルダッシュ、ライン際での縦パス&ダッシュ、その後ゆっくりとコート外周をランニング。これで1セット。

これを4セット繰り返されたところで、練習開始から50分が経過していました。

玉のような汗をかき、息もかなり荒くなっている選手達をみて、相当タフな練習であることが分かりました。でも、一つひとつに意味が感じられるトレーニングでした。

IMG_0604 アレックスも絶好調の様子でした。

このあとシーズン中に行われるような練習が行われました。センターサークル付近で短いパスを繰り返しサイドへパス、サイドでさらに縦パスでつなぎセンタリング、中で2対1、3対2でシュート。この練習ではアレックスは何度も観客をうならせるシュートを決めていました。田代や野沢も良い動きでしたよ。

IMG_0606 新人の大道と佐々木両選手です。結構きつそうな感じでしたが、動きやテクニックは引けをとってはいませんでしたよ。

90分で練習終了と思っていたら、今日は午後練習がオフとなったせいか更に45分ほど延長して練習が行われました。

3バックで両サイドからのセンタリングをクリアし、そのボールを攻撃陣が広い4対3のフォーメーション。

その中で目立ったのが新人の内田篤人でした。攻撃ではライン際の動きやセンタリングが良かったのは勿論、中央の人ごみに入った時も、そこから抜け出す(飛び出す)動きに切れがあり、攻撃面では「これは通用する!」と感じました。

途中から3バックのDFとしても入り、4対3のフォーメーションではアレックスの動きを封じるポジショニングやボールカットを見せ、新人とは思えないほど難なくこれらの練習をこなしていました。

大岩や岩政といったこれまでのアントラーズのDFのイメージとは違ったスピードと切れのあるDFといった感じでした。当然、守りもOK!

さすがアントラーズの平野スカウト!良い選手を連れてくるな~。最高!

もしかすると、開幕スタメンもあるかも。4-4-2でも3-5-2でも右サイドとしてかなりの期待が持てます。(これ以上、右サイドの補強は必要なし!)

IMG_0616

代表から一足先に帰ってきた曽ヶ端も、黙々とランニングをこなしていました。痛みはまだあるのかな?心配ですが、きっとすぐに良くなってくれるでしょう。

IMG_0617 練習を終えたアウトゥオリ監督。今日の鹿島は風がとっても冷たくてかなり寒かったので、「日本は想像以上に寒いな~。」と思っているかも。そんなことはありませんよ、鹿嶋は!宮崎から帰ってきたらすごしやすい気候になっていますのでご安心を!

それにしても、今日の練習は今週末に試合があると言われても疑う余地の無いような内容でした。

とにかく若いメンバー(増田、興梠、田代、後藤、山拓、田中)の頑張りが伝わってきました。

そして深井や岩政にはチームを引っ張っていくリーダーシップのかけらが見られました。

ただ、残念なことがひとつ。声が小さい!小沢、杉山といったGKの声しか大きな声といえないことが残念!

今年の課題かな?

|

« 鹿島神宮「節分祭」 | トップページ | 新ユニフォーム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/8518109

この記事へのトラックバック一覧です: アウトゥオリ方式:

« 鹿島神宮「節分祭」 | トップページ | 新ユニフォーム! »