« 鹿嶋市民になるまで(7) | トップページ | クラブハウス練習再開と柳沢! »

2006年2月17日 (金)

クラブW杯

トヨタカップ、所謂「クラブワールドカップ」の開催国の出場枠が確保されましたね。

これで今年のJリーグチャンピオンは世界への扉を開くことが出来るようになりました。関係者の取り組み、努力を大いに評価したいです。

これまでのルールではアジアを勝ち抜かないと出場することはできず、昨年のアジアチャンピオンの大会での活躍をみると「Jの力は明らかに足りない。」ということを実感しいていたので、本大会に出場することは日本代表がワールドカップに出場することよりも難しいと思っていました。

「本当の力じゃない。」と言われるかもしれませんが、どのJリーグのチームが出場することになっても、世界との力の比較やガチンコの試合を経験することは絶対に日本のプロサッカー界の財産になるはずです。

ワールドカップに代表が出場することによって、日本のサッカーは飛躍的に成長してきたことは誰でも知り得るところです。それと同じことがクラブワールドカップにも言うことができるのではないでしょうか。

「本当の力ではない」かも知れませんが、今後の日本サッカー界にとって非常に重要な結果が得られたのだと思います。

今から、その歴史的な試合を観戦に行くことを計画しましょう。次にいつ日本で開催されるか分かりません。今を逃すことは貴重な歴史の瞬間を逃すことになりますよ。

じきに先行予約のニュースが巷に流れることでしょうから、開幕戦のチケットだけは抑えておいた方がいいと思います。(昨年も一番は早い予約情報は春先でした。)

トヨタカップはそうそう見れることはない世界レベルの大会なので、これまで私はカテゴリー1のチケットを惜しむことなく購入していましたが、今年の開幕戦、それと勝ち進んでいくであろう試合のゴール裏を予約することに決めています。

国立のゴール裏で、皆で一緒に「MAX VOLUMEⅡ」を世界に轟かせましょう。

カシマのサポーターの応援を世界に見せつけましょう!

|

« 鹿嶋市民になるまで(7) | トップページ | クラブハウス練習再開と柳沢! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/8700224

この記事へのトラックバック一覧です: クラブW杯:

« 鹿嶋市民になるまで(7) | トップページ | クラブハウス練習再開と柳沢! »