« 鹿嶋市民になるまで(3) | トップページ | 今日はいいことがありました。 »

2006年1月11日 (水)

最近の鹿島情報は?

アントラーズの試合がないっていうのは、本当に毎日がつまらない!

仕方ないので、下世話な話だけど選手達の移籍情報に振り回されてみることにした。

まだ、新監督も来日していないような状況下で、新聞で取り上げられる話題が、どれだけ信憑性があるものなのか分かりませんが、現時点での情報の取りまとめといったところでしょうか?

まず今日のトピックスとなっている鈴木隆行。セルビア・モンテネグロのレッドスターからのオファーがある模様で、ストイコビッチが熱望していることや、本人が国内移籍(大分、大宮、名古屋)には全く興味なく海外志向もあること、さらにクラブも移籍(完全)に前向きであるという話からほぼ移籍するのではないでしょうか。

次に小笠原。プレミアのウエストハムの練習に参加し、監督から欲しいと言われるかどうかの問題。メッシーナの柳沢とのトレードの話もあるようだが、本人のためには絶対にこちらの方が良いのではないだろうか?しかし、イギリスには実力やクラブ間の金銭面のやり取りよりもワーキングビザの問題があり、まだ2つほど壁がありそうですね。でもなんとかこちらで決まって移籍させてあげたいと思います。(チームのためにも・・・)

続いてアレックス・ミネイロ。一番心配なのは実はこの人です。本人は残留の意思を表明してくれているものの、代理人と相手チームがOKしていない模様なのが気がかりです。うちのフロントに是非とも頑張ってもらって一日もはやくホッとしたいものです。

海外を表明した本山は、とりあえず去年の小笠原と同様で6月までは移籍封印、その後はオファー次第といったところ。とりあえず心配なしか?

さて、柳沢については本人は鹿島を希望、経営難のオーナーはジャパンマネーを希望、鹿島は小笠原とのトレードまたは安い移籍金で決着させたい?ということで鹿島への復帰は時間の問題でしょう。

そして中田浩二、本人のホームページで「イスラエルへの移籍はなし」と表明されており、引き続き移籍先を探している状況です。本人は海外のチームを希望、マルセイユは少しでも高い移籍金を狙い、鹿島は復帰させたい気持ちはあるが金銭を支払うことには抵抗、ということならば、噂にでているウクライナのクラブ等への移籍の可能性が高いのか?鹿島復帰ならば、その話は2月以降になりそうですね。

再び国内組に話を戻し、

金古は福岡へレンタル移籍、
根本はそのまま大分?どうなっているの?

その他の選手との契約更改はどうなっているのかな?本田は?内田は?

昨年、耳にした話だがフロントは「国内からの補強は行わない。」ということだが、ならば残りの選手は基本的には残留なのかな?金銭面や出場機会の確保等で折り合わない場合に他チームへ移籍?

ここまでの情報であるとするならば、是が非でも欲しいのが小笠原の後釜となる「司令塔」でしょうね。ブラジルからアウゥオリ監督が連れてくるのであればいいのだが・・・。

まあ、メンバー的には問題ないと思っています。チームとしての組織力や結束力、先週個々が感情を表に出して邁進できるようなチーム環境であれば・・・。

そう何も問題ない!

|

« 鹿嶋市民になるまで(3) | トップページ | 今日はいいことがありました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/8106824

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の鹿島情報は?:

« 鹿嶋市民になるまで(3) | トップページ | 今日はいいことがありました。 »