« クラブハウスに行ってきました。 | トップページ | 自分で決めたことだけど・・・。 »

2005年12月25日 (日)

こんな形で・・・。

まさか、こんな形で2005年のアントラーズが終わってしまうなんて夢にも思っていませんでした。

今日、日帰りで仙台へ行き、遠征情報をレポートするつもりだったのですが、勘弁してください。とってもそんな気持ちになれません。

サポーターの油断は試合結果に通じてしまうのでしょうか?絶対に勝つと思い込んで仙台に降り立ったのですが、一体どうして・・・。

トニーニョ・セレーゾが今日の試合後のコメントで「サッカーは思いもよらぬ色々な問題が起こるものである。」と言っていました。そうサッカーとはそんなもの。だから、今日の敗因がどうであろうと、サポーターの不満を選手にぶつけるなんてことは到底できるものではない。

試合に負けたときは、選手と同じ分だけの責任がサポーターにもある。12番目の選手だから。

選手と共に戦ったのだから、選手の悪口なんて絶対に言ってはいけない。もし、選手と同じ試合後のロッカー室で選手に面と向かって言えるのなら別だが・・・。

ただ、今年の鹿島は「強い鹿島」と「もろい鹿島」の両面を持っていたような気がする。そんな鹿島では来年も優勝なんて出来ないのではないか?

今いる鹿島の選手達は、「鹿島の一員」であることに満足感を持っているのではないか?

リーグ創世記の鹿島の選手達は、自分達の存在感を示すために必死で勝ち抜いてきた。その結果、「鹿島」を世間に認知させてきたことを自分達の誇りにしてきた。「鹿島アントラーズは俺達だ!」と言わんばかりに・・・。

でも、今の選手は先人達が築いた「鹿島」というブランドに所属することを誇りとしてしまっているのではないか?「私は鹿島アントラーズの○○です。」と。これじゃあアントラーズの未来を切り開いていくことは困難だ。

サポーターもそう、選手と同じ!これまで先輩達が築いてきたゴール裏に胡坐をかいているのではないか?だから温いといわれるゴール裏から脱却することができないでいる。

これらは全て気持ちである。技術云々ではない。だからこの気持ちを来年こそ変えよう!選手やクラブが変わる前にまず我々12番目の選手(サポーター)が変わろう!

どう変わればいいのか?なんて愚問だ!自ら考えて、アントラーズの勝利の為に変えれることはずべて変えればいいだけのこと!

2005年は思いもかけぬ形で幕を下ろしてしまったが、今日の敗戦を悲しむよりも、今日12番目の選手として仙台で声を出して試合に出ることができたことを幸せに思おう。

そして今は、アウェーから帰える家が“大好きな鹿嶋”にあることに感謝している。

|

« クラブハウスに行ってきました。 | トップページ | 自分で決めたことだけど・・・。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/7814577

この記事へのトラックバック一覧です: こんな形で・・・。:

« クラブハウスに行ってきました。 | トップページ | 自分で決めたことだけど・・・。 »