« Jリーグの戦い済んで | トップページ | ゴール裏に関すること »

2005年12月 4日 (日)

Jリーグ最終戦

昨日の最終戦は自分としては満足できている。それは試合の結果、リーグ成績の結果、応援の内容と色々な要素はあるが、全てをまとめて満足している。

優勝できなかったことはとっても残念だが、「悔しさは?」といえばそれはない。多分、やるだけのことをやったからだと思う。選手も自分も。

頭の中で考えていても行動できなかった(していなかった)去年までと違い、できることは全てやった。去年まで考えてしなかったことも、今年は全部やった。だから、優勝争いにさえ絡めなかった去年の方が悔しい気持ちが強かった。

その一つと言っては何だが、「赤い紙吹雪」には驚いた。自分で想像していた以上にサポーターの食いつきが凄かった。当然、タダだからかもしれないが、「よろしかったら、どうぞ撒いてください。」といって手渡すと、「いいんですか?ありがとうございます。」と喜んでもらってくれた人ばかりだった。一人くらいは「俺はゴミになるから、試合の邪魔になるからいらない。」なんて断られる人もいるかと思ったが、そんな人は一人もいなかった。

ミーティングの終了後に配ろうと思っていたが、皆が解散してしまうのではないかと心配もしていたが、そんな心配は全く必要なかった。

凄かった・・・。

あっと言う間に無くなってしまった。「赤い紙吹雪ありますよ~。よかったらどうぞ。」とい言い切る前に、押し寄せる人々。手渡している暇もなく、ものの1~2分で全て捌けてしまった。結構たくさん用意していたのだが・・・。嬉しい誤算でした。

結果としては、選手が観てくれたかどうかは別として、ゴール裏の応援が「赤い紙吹雪」という一つのパーツによって、まとまった応援になれたという自己満足が得られた。

そして、この「赤い紙吹雪」を一緒に撒いてくれたゴール裏のサポの応援も凄かった。今年一番の応援であったと思う。声の大きさや気持ちの入り方がこれまでとは全然違っていた。やはり鹿島の応援は最高だ!

来年、いや来週の天皇杯には、同じだけのサポの数にはならないだろうが、選りすぐりの熱い熱いサポだけが集結するであろう大分戦。“きっかけ”をつかんだレギュラーメンバーによるゴール裏の応援は緩むはずはない!

|

« Jリーグの戦い済んで | トップページ | ゴール裏に関すること »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/7467228

この記事へのトラックバック一覧です: Jリーグ最終戦:

« Jリーグの戦い済んで | トップページ | ゴール裏に関すること »