« FC東京戦(6) | トップページ | 出て来い増田!目覚めよ野沢!(2) »

2005年11月14日 (月)

出て来い増田!目覚めよ野沢!(1)

小笠原が今期絶望となってしまったようである。FC東京戦で今期絶望となるような負傷をしながら、90分間戦い抜いたことに対してアントラーズファミリーとして賞賛を送りたい。そして一日でも早い回復を祈るばかりである。

きっと、小笠原のことだから驚異的な回復力で復帰してくれるに違いないと信じています。

さて、チームの中心選手の離脱は一大事であり、新たなヒーローの出現がなくては優勝という大目標は厳しいものとなってしまいます。しかし、アントラーズには優秀な逸材がゴロゴロといます。

今回、この一大事に最も期待しているのは増田誓志である。今期半ばからは出場機会も増え、段々とその実力を発揮してきているところである。もともと司令塔として期待がかかる逸材であったが、守備力やパスの正確性などで多少伸び悩んでいたように思われていた(個人的感想です)が、最近ではゲームの要所でいい働きをして逞しさも感じられるようになってきていました。

先週の天皇杯予選のホンダロック戦ではハットトリックも記録し、彼にとっては確実に成長した年であったといえるのではないでしょうか?その成長の証をこれからの大切な4試合で爆発させて欲しいです。

今の彼なら小笠原の守備力や展開力に近いプレーが期待でき、「鹿島のキープレーヤー」の代役は充分に務まると思います。

増田誓志が、その小笠原のポジションをそのまま奪ってしまうような活躍を残り4試合でできた(そうあって欲しい)ならば、12月3日、鹿島アントラーズは優勝します!

さあ、そしてもう一人、小笠原の以上のファンタジスタといわれる野沢拓也の覚醒だ!

|

« FC東京戦(6) | トップページ | 出て来い増田!目覚めよ野沢!(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/7100131

この記事へのトラックバック一覧です: 出て来い増田!目覚めよ野沢!(1):

« FC東京戦(6) | トップページ | 出て来い増田!目覚めよ野沢!(2) »