« 鹿島には二人の神がいる。 | トップページ | 清水戦(1) »

2005年11月22日 (火)

横浜FM戦

前節の引き分けで「あきらめない!」とは言いながら、少なからずも落ち込んでいた私です。自分自身にアントラーズが優勝するためのシュミレーションを問いかけながら、その可能性がなかなか見出せなかった時、インファイト代表のK氏の言葉に感激してしまいました。

「また1歩、優勝に近づいた。負けないことの結果が現れてきた。アントラーズが残りの3試合に全勝することはそれほど難しいことではないが、他の2チームが全て勝つことはかなり難しい。そうであれば現時点で優勝に最も近いのはアントラーズだ!ワクワクしてきた!」(TORCIDA12より)

K氏のブログを読んで、それまで虚勢といわれても仕方のない自信に根拠が生まれました。もしかしてアントラーズのサポーター以外の人には「根拠がない。」と言われるかもしれませんが、アントラーズを信じ続けているサポにとっては充分過ぎる根拠です。

明日の応援にますます力が湧いてきました。

ここで目一杯いかなきゃ、いつ爆発するというのか?そう明日だ!明日!横浜マリノス望むところだ。強い敵を倒して本当の鹿島の強さを見せてやろう!

そして優勝まで一気に突っ走ろう!

旗持って、紙吹雪持って、ピンクリボンしてスタジアムで戦おう!

|

« 鹿島には二人の神がいる。 | トップページ | 清水戦(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/7268180

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜FM戦:

« 鹿島には二人の神がいる。 | トップページ | 清水戦(1) »