« セレッソ戦(6) | トップページ | 鹿嶋市民になるまで(2)~はじめてのスタジアム »

2005年10月31日 (月)

セレッソ戦(7)

長居スタジアムでは、ゴール裏のややメイン寄りの最上部にサポは位置取りしていました。これはスタジアムの屋根の反響を利用して、少ないサポの声を少しでも大きくするための作戦ということでした。

この作戦はまんまとはまって、アウェイをホームに変えることができたと思われます。(ビデオで見る映像からは鹿島サポの声しか聞こえてきませんでした。)やったね!

そして何より応援は凄かったと思います。自分達がその中にいたのでどれ程かは分かりませんでしたが、試合終了後にバックスタンドから観戦していた親戚に聞いたら「始まってから終わるまで、ずーっと大声援が続いていたけど、試合は見ていないのかなと思った。セレッソの応援は殆ど聞こえなかった。うん、凄かった。」と言ってくれました。

最後の15分どころか最初から最後まで大声援での応援だった。勝てなかったのは残念ですが、この声援が選手に届いて負けなかったのだと思うことにします。

選手たちの頑張りも良かったですよ。ホントどの選手が良くてその選手が悪いという状況では無かったのではないでしょうか。皆で攻め、皆で守り、「勝利」という結果が出なかっただけ。

このアウェイでの勝ち点1は後々必ず効いてきますよ!

ところで“赤い壁”ですが、自分のイメージと若干違ったものでした。私はてっきり自分達で持ち寄った赤い布を一斉に掲げてアピールするものだと想像していました。

でも実際は こんな感じでした。IMG_0012

確かに下から見れば赤い壁ですね。勝手に別の想像して勘違いしてました。

長居からの帰りは、行きの逆ルートも考えましたが、バスだと夕方のラッシュで高速が渋滞する可能性もあったので、地下鉄ルートを選択しました。

17時30分にスタジアムを出て、御堂筋線で長居から終点の千里中央まで行き、そこからモノレールで大阪空港(伊丹)まで。到着は18時50分位だったかと・・・。やはりバスの方が早かったか?

空港でゆっくり食事をしてからお土産を買い、20時20分発の飛行機に乗り込み羽田へ。帰りの空もやっぱりぐっすり。着陸するまで爆睡でした。

羽田の駐車場を21時35分に出て、首都高~東関道を渋滞無くすいすい鹿嶋へ。潮来ICに着いたのは22時45分でした。羽田空港からの所要時間は1時間10分とは電車で都内へ帰るよりも早いかも。

それにしても疲れた。

|

« セレッソ戦(6) | トップページ | 鹿嶋市民になるまで(2)~はじめてのスタジアム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/6796167

この記事へのトラックバック一覧です: セレッソ戦(7):

« セレッソ戦(6) | トップページ | 鹿嶋市民になるまで(2)~はじめてのスタジアム »