« サポーターとクラブの関係(2) | トップページ | セレッソ戦(6) »

2005年10月29日 (土)

セレッソ戦(5)

いよいよ明日、大一番を迎えます。

両チームとも負傷者続出でまさに死に物狂いの戦いとなるでしょう。でも、我々サポーターは元気一杯のはずです。まずは我々がセレッソサポーターに勝つことが絶対に必要です。そのためにも皆でゴール裏に赤い壁を作り出し、最初から最後まで90分間声を出し続けるぞ!

選手が最も疲労して足が止まってしまう時間帯“最後の15分前”に全精力をつぎ込んで、動くことが出来ないはずの選手の後押しをします。これまで何度も奇跡を起こしてきた鹿島サッカーの醍醐味は最後の15分、その時になすべきことを我々サポーターが今一度思い起こし、逆転へのシナリオを書き上げる。

我々は“奇跡を起こせ”は歌わない!

|

« サポーターとクラブの関係(2) | トップページ | セレッソ戦(6) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/147621/6715338

この記事へのトラックバック一覧です: セレッソ戦(5):

« サポーターとクラブの関係(2) | トップページ | セレッソ戦(6) »