2018年7月23日 (月)

2018 Jリーグ 柏レイソル戦(カシマスタジアム)

文句なしの快勝!

 

酷暑の中で、選手とサポーターが頑張って、なんと6得点!

 

「失点が余計」なんて野暮なことは言わず、今日は素直に大量得点での勝利の余韻に浸りましょう。

 

流石の鹿島でも風が無く、とても暑かったと聞きました。

 

気持ちが何より大事なゲームでしたね。

 

若い選手達の気持ちがモロに現れた躍動感!

 

凄かった!

 

篤人、金崎、レオ・シルバが交代で出てくる分厚い選手層に思えたほど、先発メンバーの出来は完璧に近かった。

 

むしろ、先発メンバーの方が内容も良かった。

 

やっぱり気持ちの問題だったね。

 

この気持ちがあれば、反撃も可能です!

 

勢いをつけるには最高の勝ち方でした。

 

素晴らしい試合でした。

 

選手と共にスタジアムで戦ったサポーターの皆さん、猛暑の中お疲れ様でした。

 

連戦になりますが、選手同様、暑さと敵に負けないよう頑張りましょう!

 

素晴らしい勝利をありがとうございました。

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年7月18日 (水)

悔しい引き分けだけど、選手とサポーターの戦いは評価すべき

灼熱のヤマハで惜しくも引き分け。

昨年の最終戦、思いっきり悔しさを味わったヤマハの地で、その悔しさを晴らしに行った選手とサポーターだったと思います。

その思いを晴らせなかった悔しさは当然みんなの胸にあるのだろうけど、あの湿度の高い状況で、最後まで力強さを失わず戦えていたアントラーズの選手の頑張りが印象に残る試合でした。

 

遠藤の怪我が心配ですが、以前にも痛めた個所なのだろうから、これは癖になってしまっているのかもしれません。

再び怪我に悩まされるチーム編成になりそうです。

交代で入った充孝や山口が、アシストという仕事をしてくれたことは明るい話題になりますね。

戦える選手とサポーターで、夏の連戦を乗り越えるしかありません!

 

追撃の狼煙をあげることができなかった今日の試合でしたが、諦めることなく最後まで勝利を求める姿勢が見られたことを前向きに捉えて、次節の戦いへのモチベーションとしましょう!

 

平日ナイター、しかもアウェイ!

参戦されたサポーターのみなさんお疲れ様でした。

明日は仕事の人も多いでしょうから、夏バテで体調を崩さないようにケアしてください。

 


にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年7月17日 (火)

おかえり昌子

Cimg6656

クラブハウスに源の姿がありました!

まずはほっと安心することができました。

Cimg6657

W杯後に移籍先を探していたのか?

はたまた、体調を崩してしたとも聞きました。

いずれにしても、今日は元気な源の姿を見ることが出来て本当に良かったです。

Cimg6659

アントラーズの仲間と楽しそうにアップを行っていました。

Cimg6661

その後、ロングボールやセットプレーには入らず、フィジカルコーチとマンツーマンでトレーニングをしていました。

植田と同じように、移籍先が決まっているのか?

それともまだ移籍は決まっていないのか?

どちらかはわかりませんが、「燃え尽き症候群」が心配なだけに、源の思うような今後があるように願いたいです。

勿論、個人的には鹿島に残ってもらいたいですけど!

Cimg6662

その後は、レオと三竿雄と3人でシュート練習です。

Cimg6665

動きはキレも良く、病み上がりとは思えないような気持ちの入った練習を繰り返していました。

Cimg6668

次の4年後を目指す道のりは、これまでの4年とは違った道を選ばなければならないと考えるのは当然で、過去には小笠原のケースがあったように、その道のりが見えてこない場合にはどうしようもない精神状態に陥る虞は大きく、昌子本人が納得できる環境見つけ出すことが今は一番大事なことだと思います。

 

それまでは、アントラーズの仲間達がしっかりと頑張ってくれるはずだから、納得できるまで進むべき道を模索したらいいと思います!

 

アントラーズはあなたの家ですから!

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

リーグ戦再開前日のクラブハウス練習見学

Cimg6663

磐田戦前日の練習見学に行ってきました。

 

チームはいつものようにセットプレーの確認です。

磐田を想定したセットプレーのキッカーは小笠原です。

Cimg6664

先週の練習で、紅白戦の時に優磨と激突して胸を強打したスンテは元気にプレーしていました。

明日は先発かな?

Cimg6667_2

セットプレーの後は、これもいつものようにミニゲームです。

 

今日は、ジーコがテクニカルディレクターに就任との発表がクラブからありました!

8月3日からの合流(来日)の予定です。

これで、クラブにまたピリッとした引き締まる空気が流れるのであれば、それは最高の補強と言えるでしょう。

「ジーコイズム」を体感していなかった今の世代に、こうして本物のジーコが来て直接それを教えてくれることは、これからの選手にとって、いやこれからの鹿島アントラーズにとっても最高の出来事となるでしょう!

 

明日の磐田戦、チームがどんな反応を見せるのか?

とっても楽しみです!


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年7月 9日 (月)

鹿戦士たちの近況は?

ブログ更新をかなりサボってました。

久しぶりにクラブハウスに練習見学に行って、選手たちの近況を確かめてきました。

Cimg6609

金髪の篤人。

Cimg6611

植田の姿もありました。

ワールドカップお疲れ様でした。

Cimg6613

天皇杯で新DFリーダーとして期待のかかる犬飼。

Cimg6614

町田の怪我はもう癒えているようです。

Cimg6615

見慣れない選手。

どうやらユース出身で単身スペイン3部に言っていた松浦君のようです。

町田とCBのコンビを組んでいたとか?

CBとしてはちょっと身長が低いかもしれませんが、この後の紅白戦でCBとしてプレーしている姿は自身を大きく見せていました。

Cimg6616

脩斗も完全に復帰ですね!

Cimg6618

町田と松浦君。

ユース時代のの名コンビ?

Cimg6620

安部と遠藤。

Cimg6622

篤人と金森。

Cimg6623

三竿健と安部。

Cimg6624

安西のキック。

Cimg6625_2

GK練習で強烈なシュートを放つ佐藤GKコーチ。

どうやら頑張りすぎて太腿裏をやってしまったようです・・・。

それでも頑張ってボールを蹴り続けていました!

Cimg6626

Cimg6627

紅白戦(1本目)で控えのビブス組に入っていた脩斗。

Cimg6628

白熱の紅白戦、ボールを奪い合う篤人と遠藤と田中、向こうは永木と小笠原。

Cimg6629

遠藤対山口。

Cimg6630

金崎(ビブス)と犬飼。

金崎の調子も段々と上がってきているようです。

Cimg6631

金崎らしい走りのスピードと「声」が出てきました!

Cimg6633

篤人からの展開。

Cimg6634

紅白戦(1本目)のCBは犬飼と大伍。

Cimg6638

するとここで、レオとペドロが出てきてジョギング開始。

Cimg6639

山口のドリブル。

Cimg6640

ビブス組が左サイドから攻撃。

Cimg6642

2本目を抜けた篤人と紅白戦には参加しなかった植田、立っているのは久保田。

植田は、紅白戦の控え組にも参加せず見学です・・・。

Cimg6644

カウンターでダッシュする充孝。

Cimg6645

紅白戦の後はクロスからのシュート練習!

Cimg6647

レオは反対側のゴールでシュート練習。

Cimg6648

ペドロも同様にシュート練習。

どうやら二人とも怪我の具合は問題無さそうな感じで、町田戦の後の磐田戦辺りに照準を合わせているのかもしれません。

接触プレーとかもやればできそうなくらい、体のキレは良さそうでした。

Cimg6650

居残り練習は黒崎コーチのシュート練習。

Cimg6653

CB組は羽田コーチのロングパス練習。

植田と町田と松浦君が参加してます。

Cimg6654

3人ともナイスパスの連続です!

Cimg6655

シュート練習も決定力不足を打破しようとみんな必死です!

 

猛暑とはいっても都心とは違って流石の鹿嶋。

日差しは強くでも心地よい風が吹いている中での練習でした。

それでもかなり暑かったですけどね!

 

明日は町田戦の前日練習です。

大岩監督はどんなメンバー構成で臨むのか?

やっぱり胆は昌子と植田のいないCBコンビですね! 

他のポジションは怪我人も戻り、どこも問題なく組めそうです。

 

ちょっと心配なのは、紅白戦で優磨と接触プレーで負傷したスンテですね。

胸のあたりを強打したようで、直ぐにプレーに戻ったものの、シュートをキャッチした時に痛みがあるようで、その後は練習を途中で切り上げてロッカーに戻っていきました。

大事に至らないことを願います。

 


にほんブログ村

| | コメント (2)

2018年7月 3日 (火)

W杯 日本代表 大健闘するも惜しくも終戦

2年間負けていない世界ランキング3位の強豪国に、一時は2点のリードを奪う大健闘!

最後はベルギーの底力に屈するも、本当に素晴らしい戦いでした。

「挑戦する気持ちさえあれば、可能性の扉を開くことができるんだ」ということを改めて教えてもらえるような戦いでした。

 

得点することの難しさと同じくらい、試合を終わらせるゲーム運びというのは本当に難しい。

これはその成功体験でしか得られないものかもしれない。

そのためには、もう一度W杯のその舞台に立って、そのタスクを達成するしかない。

次なる戦いに向けてリスタート。

2年後の東京オリンピック、そして4年後のカタールW杯。

明日から、いや今日から新たなる挑戦を始めるつもりにならないと!

 

日本という国の誇りを背負って戦ってくれた選手達に感謝しています。

勿論、代表選手達は我々サッカーを愛する日本人の誇りです!

 

昌子、岳、サコ、植田、お疲れ様でした。

素晴らしい戦いを見せてもらうことができました。

ありがとう!!

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年6月19日 (火)

W杯 グループリーグ コロンビア戦 大金星!!

大迫 半端ない!!

 

 

 

柴崎 最高ー!

 

 

 

NHKよ、昌子のインタビュー飛ばすな!(怒)

 

 

 

日本代表、素晴らしい。

 

 

 

世界の舞台で大金星だ!!!

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年6月14日 (木)

W杯開幕!!

天の邪鬼なもので、日本国民の関心の低い時こそワールドカップへの興味が強くなる。

 

駄目だと思われている日本代表こそ応援したくなる!

 

それもこれもアントラーズファミリーが代表に選ばれているからかな?

 

「吉田鉄板」よりも、昌子と植田のCBコンビの方が行ける気がする。

 

柴崎は今大会のベストイレブンにも入れる力を秘めていると感じる。

 

苦しい日本を大迫が救ってくれそうな気がする。

 

4人がピッチに揃えば、何かが起こる気がする。

 

散々駄目と言われている香川や本田も、今の代表には無くてはならない気がする。

 

乾と武藤の成長を見ると、やはり世界のリーグで揉まれることの重要性を再認識させられる。

 

やっぱり、日本代表の活躍を祈らずにはいられない!

 

世界の強豪とどんなに実力差があっても、実際の試合ではそんなに点差がつかないことはサッカーでは常識なんじゃないかな?

 

ならば、日本が世界をあっと言わせることも夢ではない。

 

実際にW杯のピッチで世界の強豪と真剣勝負できる状況にあるからこそ、我らの夢が現実になる大きなチャンスを得られている今がある。

 

ここまでの準備が大切なのは言うまでもないが、ここまで来たら選手がプレッシャーを感じることなくワールドカップを楽しんでプレーしてもらいたい。

 

その方が、我らの望む結果をもたらすことになるかもしれない。

 

そんな活き活きと戦う日本代表を見たい。

 

 

 

4年に一度の、”夢の祭典〟がいよいよ始まる。

 

世界最高の真剣勝負の数々を観ることができる歓び。

 

ワクワク感が止まらない!!

 

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年6月 6日 (水)

天皇杯 2回戦 HONDA FC戦 6-1 勝利!

Cimg6608

 

ジーコの前で負けるわけにはいかない。

 

やっぱり鹿島は、サイド攻撃!

 

そして、なによりも相手に気持ちで勝った、雨の中の戦いでした!

 

選手もスタジアムで共に戦ったサポーターも、誰も何も言わないけれど、きっとみんな心に期するものがあったはず。

 

これからも、鹿島アントラーズは全てを結果で示していくしかないクラブだから、目の前の敵を倒すためにアントラーズファミリー全員が全力を尽くして戦うのみ!

 

 

 

お疲れ様でした。

 

みんな、風邪をひかないようにしてください。

 

PS.町田が大きな怪我から帰ってきました。復帰戦、凄く良かったです!

 


にほんブログ村

| | コメント (0)

2018年5月21日 (月)

2018 Jリーグ ベガルタ仙台戦(カシマスタジアム)

リーグ戦中断前のポイントとなるべき一戦でしたが、残念ながら勝利で終わることはできませんでした。

大岩監督のハーフタイムコメントは、「情けない試合をしてしまった・・・」とのことであったことからも、その前半が鹿島の思うような試合運びが出来てなかったことが表されているでしょう。

ただ、録画の映像から見えてくる部分は、最近の鹿島の選手達の試合運びとそれほど変わらないようにも見えました。

実際には気持ちの部分とか、あと1歩、あと10cmといった細かい部分が違うのでしょうが、一歩下がって見るとそんなに選手達が腑抜けになっていたとも思えません。

 

仙台は故障者が多いと聞きましたが、水曜日のルヴァンカップでは主力メンバーを温存できていたとか。

また、元々しっかりとアグレッシブに走ってくるチームで、五分の状態で対戦しても激しい試合になることは必至だと思っていましたから、上海の猛暑の中で激闘を戦い抜いた鹿島のメンバーにはきつい対戦相手であったことは間違いないでしょう。

それにもかかわらず、いつもと同じような戦い方や頑張りは出来ていたと感じました。

スタジアムで直接観戦すれば、もっとリアルにチームの状態を感じることが出来たかもしれませんが、良くも悪くもテレビから見える鹿島の選手の出来は、いつもの出来でした。

 

一人一人の選手の調子が試合毎に変わることは仕方のないことで、それを代わらずに出来る選手が素晴らしいのであって、できない選手を避難しても仕方ないでしょう。

確かに、土居は上海と仙台戦を比べれば上海の方が良かったです。

仙台戦でそれが出来なくても、上海での貢献は消えることが無いわけで、同じようなことが他のせんしゅにも当てはまります。

だから、敗戦した時に戦犯を探し、その選手の不出来を指摘してもどうしようもないことで、しかも、そこに愛が無く、罵詈雑言を浴びせるようなことは憎しみと歪を生むだけで、何も得るものがありません。

ブーイングには愛がなきゃいけません。

選手への叱咤には激励の意味が込められなければ、ただ嫌いなことを示しているだけです。

 

選手も過密日程を戦い抜いてきて、ACLもベスト8に勝ちあがり、それなりに成果は上げてきました。

ただ、鹿島アントラーズとしてリーグ戦を捨てていいわけはなく、最後まで優勝を諦めないのが我々ですから、敗戦や今の順位を認めるわけにもいきません。

広島との勝ち点差を見れば「優勝」ということばを口にすることはおこがましいでしょう。

でも、我々は「優勝」を諦めたわけではありません。

それ故に、選手とチームを鼓舞するブーイングは必要でしょう。

ちーむや選手についてあれこれ考えることも、ファンやサポーターの特権です。

でも、仲間を切り捨てるような話は聞いていても寂しくなるだけで、今のスタッフと選手で我々の目標を達成することが本当に嬉しいことです。

個人的にですが、私は大岩監督と今の選手で優勝することは可能だと思ってました。

ACLだって、勝ち抜いてアジアチャンピオンになることは可能だと思ってました。

現在、リーグで上位にいるチームにだって負けるメンバーだとは思いません。

事実、広島が鹿島に勝った時でさえ、「このチームには勝てない」とは全く思いませんでした。

その広島が独走しています。

調子の問題なのか、気持ちの問題なのか、噛み合っているチームと噛み合わないチームとの差なのか?

ほんの僅かな何かの違いが、時間の経過と共にこれだけの差になっているのです。

 

中断期間の前に負けてしまったのは悔しいですが、この中断期間にその僅かな何かの問題を修正しなければなりません。

でも、それが出来れば、上昇気流に乗ることは出来るはずです。

上昇気流に乗れば、鹿島は力のあるチームですから「優勝争い」に再び加わることは可能だと思っています。

まずは気持ちの部分をしっかりと合わせてチームが一丸となり、サポーターやファンと一体となってリスタートしたいですね!

 

まずは17日後に天皇杯が始まります。

2回戦と侮ることなく、5冠のうちの大切な1冠を目指す戦いの初戦です。

短い修正期間ですが、気持ちの部分だけでもきっちりと合わせて、「これぞ鹿島!」といえる試合になることを期待します。

 

 


にほんブログ村


鹿島アントラーズランキング

| | コメント (4)

«ACL ベスト8進出!